マイクロバスは部活やサークルの遠征時に便利です

マイクロバスは正座席が18から22座席あり、補助席をあわせるともう少し乗ることができます。マイクロバスは送迎や旅行、レジャーで利用されることが多いです。例えば社員旅行、結婚式や法事の送迎、空港やホテルの送迎などで利用したことがある方もいると思います。レンタル料も大人数で移動する場合は、レンタカーを複数台借りるよりも安くなることがあり、価格の面でも人気があります。以前は普通免許でも運転は可能でしたが道路交通法施行規制により、現在は限定なしの中型免許や大型免許所持者となっていますので、運転ができる人がいないときは運転手も一緒に手配することができます。マイクロバスは大型のバスに比べて、小回りが利くのでほとんどの道を通ることができるのもメリットです。また、団体で貸切る場合は周りを気にすることなく目的地までいけるので、ストレスがなく楽しい時間を送ることができます。

マイクロバスを利用するメリットと利用までの手順

マイクロバスを貸切ると、時間や行き先を自分で決められるため、使い方は自由です。マイクロバスは手軽にレンタルができるので、初めての人でも簡単にマイクロバスを利用することができます。マイクロバスにはトランクルームがついているバスもあるので、荷物の多さによってバスを選ぶことができます。利用日、利用人数が決まれば、一度ネットでレンタル料金などを調べてみます。何社かで比較見積もりを取ると、価格内容に違いがあることもありますので、以下の点には留意して見積もりを確認してください。レンタル内容に運転手が含まれているか、ガソリン代や保険代についてなど、マイクロバス本体のレンタル料金だけではなく、それに付随する諸経費はどのようになっているかも確認します。また、繁忙期はレンタル料金が高くなることがありますので注意が必要です。

マイクロバスは多くの用途で重宝されている

このように手軽にレンタルできるマイクロバスですが、運転手付きでレンタルするほうがコストパフォーマンスも高いことがあります。ですので、部活やサークルの遠征や合宿にはとても有効的な移動手段だといえます。プロの運転手にお願いすれば、道中の不安もありません。レンタル料金も乗車人数で割ると一人当てりの負担額は決して高くなく、公共交通機関のように乗り換えなしで直接目的地まで大人数を運ぶことができますし、荷物も一緒に運ぶことができます。行きでは車内で試合の作戦や戦術の確認が行えますし、帰りは車内でゆっくり休んで帰ってこられるため、利用者の負担が軽くなります。そのような理由でマイクロバスの移動は部活やサークルの遠征の時に選ばれています。マイクロバスの効率的な移動手段の一つとして候補に入れておくといいです。